Enjoy !
田舎暮らし
田舎暮らし
あれこれ
アウトドア
キャンプ
ガーデニング
DIY
家庭菜園 田舎の風景
 ガーデニング、レッドロビンの剪定
うちの庭木はレッドロビンなのですが、剪定をしっかりとしないと鮮やかなアカに葉が色つきません。

剪定をしないと右上の写真のようになりますが、 きちっと刈り込んでおいてやると見事に右下の写真のようになります。

刈り込む時期もあって、冬場2月〜3月にやっておくと上手くいきます。
そして、6月と10月。

「けっこう大変そう」と思うかもしれませんが、それほど大作業ではなく、こまめに少しずつやればOKです。

レッドロビンはとにかく萌芽力(新芽を出す力)が強い庭木で、実は季節を問わず、新芽が赤くなります。
なので少しずつマメに剪定するほうが赤芽が長く楽しめます。

ただ晩秋や冬季に、一度に刈り込むのは危険です。
枝枯れを引き起こす可能性があります。
剪定は適期に、軽く頻繁に行うのが上手くいくコツです。

また高さは、ある程度のなったらてっぺんを切って止めないと、途方もなく大きくなっちゃいます。
恰好も悪いし、その後の管理も大変になりますので、注意です。

こうすると今度は側枝が伸びて、葉の密度が濃くなります。

ガーデニング 庭木剪定

Copyright(c)2005 田舎暮らしの素晴らしさ教えます Enjoy! 田舎暮らし All rights reserved.