Enjoy !
田舎暮らし
田舎暮らし
あれこれ
アウトドア
キャンプ
ガーデニング
DIY
家庭菜園 田舎の風景
 田舎の神社祭と餅投げ
田舎では、その地域を司る神社があります。
だいたい年に2回ほどその神社の祭りがあります。
祭りといっても規模は小さく、その地域の氏子の人達が持ち回りで当番になって行われます。

今回は僕が当番でした。
同じ当番になった人達と準備をします。
宮司さんを呼び、集まる人達の為に、お酒・食べ物・餅を用意します。
結構大変な準備で、1週間ぐらい前から当番が打ち合わせをしてやります。

だいたい時間になるとどこからともなく、人が集まり始め、お酒が振舞えられます。
そして、しばしの宴会のあと子供達も集まってきます。
なぜならこの後、メインの「餅投げ」があるからです。

みんな袋を持って境内の下に集まります。
そして掛け声とともに一斉に当番が用意した餅を境内の上からばら撒くのです。
一心不乱に拾いまくる人達(笑)
足やヒザが痛いと言っている老人も、かけっこの苦手な子供も、この時ばかりは早い早い。
餅を投げている僕に、「こっちにもよこせ」とけしかけます。
じつはそのシーンも写真に収めたのですが、あまりの迫力にアップを控えることにしました(笑)

大人も子供も楽しみにしている、田舎の小さな神社祭です。

神社祭 餅投げ ▲餅投げを今か、今かと待っている人達

Copyright(c)2005 田舎暮らしの素晴らしさ教えます Enjoy! 田舎暮らし All rights reserved.