Enjoy !
田舎暮らし
田舎暮らし
あれこれ
アウトドア
キャンプ
ガーデニング
DIY
家庭菜園 田舎の風景
 諏訪湖の「御神渡り」(おみわたり)
所用で諏訪へ行って来ました。
すると湖畔でなんやら人だかり・・・
そう、「御神渡り」見物の人でした。
せっかくなので写真をパチリ。以下、説明を

信州最大の湖の諏訪湖は、毎年冬に全面結氷します。年により、その氷の厚さが10cm以上になり、零下10℃程度の冷え込みが数日続くと、湖面の氷が大音響と共に山脈のように盛り上がる「御神渡り」が見られます。
これは、気温の上下に寄って氷が膨張と収縮を繰り返すことによって複雑なメカニズムで起きる自然現象なのですが、何年かに一度、最高50cmもの高さで湖岸から湖岸まで数kmに渡り「氷の道」ができる光景は不思議なものです。
諏訪大社上社の男神が下社の女神のもとへと渡る恋の道である、というロマンチックな言い伝えがあり、今も神官が御神渡りかどうかを認定する拝観式が行われます。その時、湖面の割れ目の状態を見て、その年の天候や農作物の出来、世の中の吉凶までも占います。
御神渡りは、最近では、温暖化のせいで起きない年が多くなっており、北海道では屈斜路湖などでも起きますが、本州で本格的に見られるのは諏訪湖だけです。

以上。自然の力ってスゴイね。



田舎の風景写真 諏訪湖の「御神渡り」(おみわたり)
田舎の風景写真次ページへ
Copyright(c)2005 田舎暮らしの素晴らしさ教えます Enjoy! 田舎暮らし All rights reserved.