東京から長野に移住した男のブログ

田舎の自治会の活動【道つくり】は草刈りだけじゃなくこんな事もやります!

田舎暮らしな毎日
スポンサーリンク

田舎で自治会に所属していると定期的な作業がいくつかあります。
その中でも今回は「道つくり」です。

田舎なんで放っておくと雑草やら何やらで荒れ放題になってしまうんです・・・

 

「道つくり」は休日の早朝から行われます

まずは会所にAM8:00集合です。
自治会内には「組」がありまして
その組みごとに担当する地域が決まっています。

簡単に挨拶と概要を自治会の会長さんが話したら、いよいよスタートです。

いよいよと言いましたが、
別段、興奮したり、ワクワクするわけもなく粛々と始まります^^

田舎の自治会の活動 道つくり

時間にしてだいたい1時間ぐらい。

この作業は「出不足金」と言って不参加の人は2000円ほど自治会に払わなきゃいけません。
いわば強制労働なのです。

なので男手に限らず、女性や時には中学生も参加します。

恒太郎
恒太郎

出不足金とられるのイヤなんで・・・

 

「道つくり」ではこんな事します

道つくり作業のメインとなるのが、

・ゴミ拾い
・雑草の排除
・側溝の詰まりを取る
 作業です。

こういったカーブの側溝は、砂や土、枯れ葉などが溜まりやすく難所です。

道つくり作業
道つくり作業

ちゃんとキレイにしておかないと、ここに水が流れなくて、時には溢れ出ちゃうんですね。

道つくり作業

 
各自、思い思いの「道具」を持ってくるのですが・・・

道つくり作業 道具

大量の雑草、頑固な草木はこれで刈り取ります。
強力な武器です。

道つくり作業 草刈り機

 
まあ、実はひたすら作業するわけじゃなく、休み休み、みんなで世間話をしながらのんびりやります。

自治会 道つくり作業

恒太郎
恒太郎

実は地元住民のコミュニケーションの場でもあるんです。

 
それぞれの担当地域が終わったら、また会所に集まります。
面白いことに、だいたいみんな同じぐらいに戻ってきます^^

自治会長さんが締めて終了です。

お疲れさまでした!!