マーケティング

売れない、集まらないサイトはキーワードを間違えている!目的別に使い分けよう!

売れない、集まらないサイトはキーワードを間違えている!目的別に使い分けよう!
サイトに「キーワード」が重要なのはご存知かと思います。
実はサイトだけでなく、すべてのSNSにもとても重要です。

しかしこの「キーワード」を上手く使えていないサイト(SNS)がとても多いです。
今回はキーワードの使い分けについてお話しします。

 

「集客キーワード」と「売るキーワード」

売れない、集まらないサイトはキーワードを間違えている!目的別に使い分けよう!

アドセンスなどの広告収入やリスト集めには、とにかくたくさんのアクセスを集める事が大事。

つまり、サイトにはアクセスを集めるキーワードが重要でした。

一方、売るためのページの場合、アクセスを集めるだけではダメです。
なんらかの購買であったり、アクションを起こしてもらわないと収益になりません。

つまり、サイトには行動を起こさせるキーワードが重要です。

ここでは、わかりやすく
「アクセスを集めるキーワード」
「売るためのキーワード」
  としましょう。

 
オンラインでなかなか売れないサイト(SNS)は、
この「売るためのキーワード」が使えていません。

アクセスはあるのに売れない・・・
という状況に陥ります。

逆に「売るためのキーワード」が上手く使えているサイト(SNS)は、アクセスが少なくても売れます。

 

買う気マンマンの人が使うキーワード

購買意欲の高い人のキーワード

広告収入目的で稼いでいる人達は、「アクセスを集めるキーワード」をひたすら考え記事を書きます。
サイトの場合、タイトルはもちろん、記事冒頭、見出しなどに入れていくわけです。

でもこのサイトの作りでは
「アクセスを集める」作りであって、「売るため」の作りではありません。

売るサイトは、ソコを変えて作らなきゃいけません。

基本は、「アクセスを集めるキーワード」よりも
「買いたい人が使いそうなキーワード」です。

 
また、わかりやすく単純にヒントをお話しますね。

商品名+特徴
商品名+性能 のような検索者よりも、
商品名+最安
商品名+割引
商品名+口コミ のような検索者の方が購買欲が強いです。

購買欲の高い人、
かなり迷っている人、
買う気マンマンの人、 が使うキーワードを見つける事ですね。

これならたくさんのアクセスは必要ありません。
濃いアクセスが集まるので、コンバージョンが高くなります。

逆に、たくさんのアクセスがあっても、
それほど購買欲のない人達ばかりなら、売れる確率はガクンと落ちるワケです。

これはサイトだけでなくすべてのSNSにも共通して言えることです。
 
そのページは集客のためなのか?販売のためなのか?
目的をしっかり理解してキーワードを使い分けましょう。